うつ病の人と接する時に注意したいポイントは、以下の通りです。 ・聞き手に回る ・感情を理解する ・自分は味方だと伝える ・自分の感情を抑える ・重要な決断をさせない ・共感しすぎない まず、相手の話を聞くというのが大切です。 ただし、アドバイスをしたり、お説教をするのは止めてください。 ただ聞くだけで十分です。 それから、相手の感情を理解することや自分は味方だということを伝えるのも、とても重要になります。 また、うつ病の人と接しているとイライラすることが多いですが、そこで感情を表に出してしまうと相手を傷つけてしまうので、感情を抑えるようにしましょう。 それに、重要な決断をうつ病の時にさせると誤った判断をしてしまうことが多いですから、止めてください。 重要な決断は、できることなら先送りにするのがベストです。 そして、うつ病の人に共感することも大事ですが、あまりにも共感しすぎると自分も気分が滅入ってしまうことが多いので、共感しすぎないようにします。 このようなことに注意して、うつ病の人と接してください。